インフラ

3.Zabbix死活監視設定

2022年8月7日


Zabbixでの監視の基礎となる死活監視の設定をします。

ホスト設定などの後にPingによる疎通確認の設定を行っていきます。


1.ホストグループ設定

①ホストグループの作成

「設定」の「ホストグループ」タブを選択し、右上の「ホストグループの作成」を押します。


ホストグループ


「グループ名」に任意の名前を入力して「追加」を押します。


②AWSで監視対象サーバー作成

ここでは、ホスト作成に監視対象サーバーの情報が必要になるため、新たにインスタンスを作成します

EC2インスタンスにZabbixインストール【AWS】』の記事でZabbixをインストールしたインスタンスを建てました。

今回も同様に、EC2の画面の「インスタンスを起動」を押すところからです。

次の画面で、キーペア名だけ「キーペアなしで続行(推奨されません)」を選択して「インスタンスを起動」を押せば監視対象サーバーの作成完了です。




2.ホスト設定

①ホストの作成

ホスト

「設定」の「ホスト」タブを選択し、右上の「ホストの作成」を押します。


ホスト

「ホスト名」に任意のホスト名(画面:Demo)を入力します。

「グループ」は「選択」を押して、①で作成したホストグループ(画面:Demo Group)を選択します。

「エージェントのインターフェイス」は「IPアドレス」に、②で作成したEC2の監視対象サーバーのIPアドレスを入力します。


②テンプレートのリンク

テンプレート

Pingのテンプレートをリンクします。

「テンプレート」タブを選択します。

「新規テンプレートをリンク」の欄に「ping」と打つと「Template Module ICMP Ping」と出るので選びます。

「更新」を押せば、ホストにテンプレートがリンクされます。




3.疎通確認

◎「最新データ」画面
 「監視データ」>「最新データ」

赤枠の「ICMP ping」は「Up (1)」となっています。

監視対象サーバーへの通信が通っているということなので疎通確認ができました。

なお、疎通してなければ「Down (0)」と表示されるので、セキュリティグループなどが正しく設定されているか確認します。


グラフ

グラフでも確認してみます。

下の画面の右上にある「表示形式」を「グラフ」に変更します。

◎ICMP ping のグラフ
・Up:1.0
・Down:0


21:42分に一瞬だけ凹んでいるのは、「ホスト」画面の「IPアドレス」を監視対象サーバーから他に替えた後にすぐ戻したからです。

このように、グラフにするとダウンした時の時間や長さが視覚的にわかりやすくなります。


死活監視設定は以上になります。



------------------------------- 技術者募集 -------------------------------
【企 業 名】株式会社ファンコミュニケーションズ
【概  要】「A8.net」を開発運用するアフィリエイトソリューションプロバイダー
     の株式会社ファンコミュニケーションズが業務拡大につき技術者を募集中。
【業務内容】A8.net/Moba8.netの企画・設計・開発・運用・保守など。
----------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク

-インフラ
-, ,

Copyright© さねたにブログ , 2022 All Rights Reserved.